ネットワーク案件は多様化

ITエンジニア業界の最新動向 ネットワーク案件は多様化

ネットワーク業界も多様化してきています。

データセンター系、セキュリティ、音声、クラウドなど。ポジションとしてもフロント側SE、PM、検証や製品開発などの技術特化型、運用保守、情シス、社内SEなど多様化されそれぞれが確立してきました。特化した分野があればレガシーな技術でも十分に仕事があるという状況となっています。

また、依然としてCISCO製品技術(NEXUS、ASR、ACI、HyperFlex、UC、Wireless他)を中心とした各種ベンダー製品技術が強く求められています。

サーバーエンジニアが消えた?

ITエンジニア業界の最新動向 サーバーエンジニアが消えた?

クラウド化の流れはご存じの通りですが、クラウド化により、開発スキルも必須となってきました。業界動向通りにAWS、AZURE案件が増加。サーバー技術を一通り身に着けた上でPython、PHP、Ruby、VMware、Nginx、OSS、NWなどマルチスキルを持つ方が増えてきました。

そのためオンプレ案件で求められていたインフラ面としてのサーバーエンジニアという職種としての用語が消えつつあり、インフラ系エンジニア、クラウド系エンジニア、サーバーサイドエンジニアといった用語に変化してきました。

開発案件はフリーランス増加

ITエンジニア業界の最新動向 開発案件はフリーランス増加

独自のWEBサービスを展開する元気の良いベンチャー中小企業が増加し、中小企業ではフリーランスが求められる傾向にあります。

また、大手でも慢性的にエンジニアが不足しており、フリーエンジニアネットワークでは大手企業の開発案件でも随時募集中。

中小ではWeb周辺(Perl、Ruby、Python、PHP、HTML5など)、大手ではクラウド周辺(AWS、AZURE、Apache、Tomcat、OSS)などのわかる開発者が比較的求められていますが、一概には言えず多様化しています。

自分に合った働き方を探す方が増加

ITエンジニア業界の最新動向 自分に合った働き方を探す方が増加

正社員として安定した環境を求める方、派遣で経験を積んで転職する方、フリーランスから独立する方、稼げるうちに稼ぐという方、東京よりも地方を選ぶ方、いろいろな働き方に分かれているようです。

また、案件単価よりも自分に合った働き方、業務内容、ポジション、場所、残業量などを重視する方が以前よりも増えているような傾向がある点も興味深いところです。